東京 壁紙クロス張替え フロア張替え 原状回復 インテリアリフォーム 内装工事 リノベーション カーペット オーダーカーテン ブラインド―東京・埼玉・神奈川―三多摩

川崎市高津区 - 神奈川県
川崎市高津区 - 神奈川県
川崎市高津区)

川崎市高津区について

高津区は川崎市を構成する7行政区(※)のうちの1つで、川崎市のほぼ中部に位置していて、中部の中心商業地として発展しています。
※7行政区:川崎区・幸区・中原区・高津区・高津区・宮前区・高津区

小田急小田原線・多摩線を軸に東京のベッドタウンとして発展してきました。

江戸時代~、東海道の脇街道として「大山街道」(矢倉沢往還)が整備され、「二子の渡し」や「二子・溝口宿」が江戸から大山阿夫利神社(現伊勢原市)へ向かう参拝者で賑う。
1889(明治22)年、8村(溝口村、二子村、久地村、下作延村、久本村、諏訪河原村、北見方村、坂戸村)が合併して「橘樹郡高津村」成立。7村(千歳村、新作村、子母口村、末長村、久末村、明津村、蟹ヶ谷村)が合併して「同郡橘村」成立。現在の高津区の南西部(橘地区)に。野川村が「宮前村」、上作延村が「向丘村」に編入。
1912(明治45)年、多摩川以南の地域(宇奈根・瀬田の各一部および下野毛のほぼ全域)が編入。以北の地域(久地、二子、諏訪河原の各一部)が離脱。
1925(大正14)年、東京府荏原郡玉川村(現世田谷区)と高津村の間に「二子橋」が架かって「二子の渡し」廃止。
1927(昭和2)年、南武鉄道南武線(現JR南武線)「川崎駅-登戸駅」間が開業し、高津村が川崎市と鉄道で連絡。玉川電気鉄道溝ノ口線(現東急田園都市線)が「二子玉川園駅」から「溝ノ口駅」まで延伸。
1928(昭和3)年、高津村が町制を施行し「高津町」に。
1937(昭和12)年、「高津町」「橘村」が川崎市に編入。
1938(昭和13)年、現在の高津区域の全域が川崎市に編入。
1965(昭和40)年、「第三京浜」開通。
1966(昭和41)年、東急田園都市線「溝の口駅-長津田駅」間が開業。「二子橋」の軌道・道路併用利用が終了し、道路専用橋に。
1972(昭和47)年、高津区発足。(現宮前区の区域を含む)
1977(昭和52)年、東急新玉川線(現東急田園都市線の一部)の開通(渋谷と直結)。
1979(昭和54)年、政令指定都市移行を記念した「川崎市民プラザ」開館。
1982(昭和57)年、区の南西部地域が宮前区へと分区。
1989(平成元)年、「かながわサイエンスパーク」開業。4月に竹やぶで1億円の札束発見(竹やぶ騒動※)。
1997(平成9)年、「溝口駅」北口再開発ビルが開業し、市民館が新装される。高津区役所などの各種公共施設が移転。

※竹やぶ騒動
竹やぶ 1989年4月11日に焼き鳥店店主が高津区の竹やぶで1億4500万円の入ったバッグを発見。4月16日には21才のフリーターが9000万円の入った手提げを発見。もっとお金が落ちてないかと探しに来る人が押しかける騒ぎとなりました。その後、持ち主が判明したため、拾い主には謝礼として1割が払われました。

スイセン 人口: 231,808人(2018年10月1日現在)
区の木:梅(ウメ)
区の花:水仙(スイセン)


川崎市高津区の名所

川崎市民プラザ

川崎市民プラザ

市民福祉向上及び余暇活用のための施設

川崎市民プラザ内庭園

川崎市民プラザ内庭園

庭園には森が残され開発前の丘陵の風景を今に伝える

大山街道(大山道・厚木街道・矢倉沢往還)

大山街道(大山道・厚木街道・矢倉沢往還)

江戸から大山への参詣道。江戸城赤坂門⇔駿河国沼津宿

高津区市民健康の森(たちばなふれあいの森)

高津区市民健康の森(たちばなふれあいの森)

運動施設・展望施設・回遊遠路等。6月に「ホタル観賞会」

溝口神社

溝口神社

初詣や七五三の際に賑わう綺麗な神社。御神木あり

溝口神社の御神木

溝口神社の御神木

御神木をはじめ何本かの大木があって癒されます

二子神社(ふたこじんじゃ)

二子神社(ふたこじんじゃ)

祭神・天照皇大神。出世稲荷、岡本かの子文学碑あり

岡本かの子文学碑

岡本かの子文学碑

「誇り」と題された立体碑。岡本太郎彫刻・丹下健三設計

川崎市民プラザ 川崎市民プラザ内庭園 大山街道 高津区市民健康の森(たちばなふれあいの森) 溝口神社 溝口神社の御神木 二子神社 岡本かの子文学碑
川崎市高津区出身の著名人

川崎市高津区出身・ゆかりの著名人

岡本 太郎
おかもと たろう

芸術家。1911(明治44)年2月26日-1996(平成8)年1月7日。代表作は『太陽の塔』(大阪)、壁画『明日の神話』(渋谷駅)など。父は漫画家の岡本一平、母は歌人で小説家の岡本かの子。

1930(昭和5)年-1940(昭和15)年、フランスで過ごす。
1960年代後半、メキシコ滞在。ダビッド・アルファロ・シケイロスなどによる「壁画運動」から大きな影響を受ける。
1967(昭和42)年、大阪万博のプロデューサーに。
1968-1969年、メキシコオリンピックのために建築中だった「オテル・デ・メヒコ」の壁画『明日の神話』製作(2003年9月にメキシコの資材置き場で発見される)。
1970(昭和45)年、大阪で開催された万国博覧会の『太陽の塔』製作。
1970年代以降、バラエティ番組にレギュラー出演して茶の間の人気者に。
1975(昭和50)年、『太陽の塔』の永久保存決定。 1987(昭和62)年、NHK『ばら色の人生』に俳優(学校校長役)として出演。
1996(平成8)年、パーキンソン病による急性呼吸不全で慶大病院にて死去(84歳)。
1998(平成10)年、青山の岡本の住居兼アトリエが「岡本太郎記念館」として一般公開。
1999(平成11)年、「川崎市岡本太郎美術館」開館(川崎市多摩区枡形の生田緑地内)。

岡本 かの子
おかもと かのこ

大正-昭和期の小説家・歌人・仏教研究家。本名カノ。東京府東京市赤坂区(現東京都港区)青山南町生まれ。夫は漫画家の岡本一平。岡本太郎は長男。

神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構える大地主、代々幕府や諸藩の御用達を業としていた豪商の「大貫家」の別邸で誕生。
1908(明治41)年、父と共に信州沓掛(現軽井沢)で避暑中に岡本一平と知り合う
1910(明治43)年、和田英作の媒酌によって岡本一平と結婚。
1911(明治44)年、長男太郎を出産。
1929(昭和4)年、『わが最終歌集』を刊行
1936(昭和11)年、芥川龍之介をモデルにした『鶴は病みき』で作家デビュー

大島 さと子
おおしま さとこ

女優・タレント・司会者。旧芸名・大島智子。

フェリス女学院中学校・高等学校卒業。成城大学卒業。大学在学中に映画『ナイル殺人事件』のイメージ・ガール(「ミス・ナイル」)を務める
大学卒業後、『明るい農村』(NHK総合テレビ)のリポーターとしてデビュー。
1990年代~女優業に進出。
2006-2012年、『レディス4』(テレビ東京)の総合司会を務める。
2012年10月5日、自身の誕生日である9月17日にアメリカ合衆国ハワイ州在住の英会話学校経営者の男性と結婚。

矢田 亜希子
やだ あきこ

女優・タレント。トヨタオフィス所属。

中学2年生の時、母親と原宿で買い物中にスカウトされて芸能界入り。
日出女子学園高校卒業。
1995年、『愛していると言ってくれ』でデビュー。
2000年、映画『クロスファイア』で主役を務める。
2002年、『マイリトルシェフ』で連続ドラマ初主演。
2005年4、テレビドラマ 『夢で逢いましょう』(TBS)に出演。
2006年、『夢で逢いましょう』で(共演した押尾学と結婚。
2009年、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ)で約3年ぶりに表舞台に復帰。麻薬取締法違反で逮捕された押尾学と離婚。
2010年、『刑事・鳴沢了〜史上最悪の24時間〜』(フジテレビ)で女優復帰。

川崎市高津区の壁紙クロス張替え・内装リフォームならインテリアVAN!
お問い合わせはこちらから
ご相談・お見積無料です!
お気軽にお問い合わせください。

サービス提供エリア

サービス提供エリア イメージが像【東京都】
世田谷区 杉並区 練馬区 三鷹市 武蔵野市 調布市 東村山市 小平市 西東京市 
東久留米市 清瀬市 小金井市 東大和市 武蔵村山市 羽村市 瑞穂町 八王子市 
立川市 国分寺市 昭島市 国立市 日野市 府中市 多摩市 稲城市 狛江市
【埼玉県】
所沢市 入間市 狭山市 新座市 朝霞市 志木市 和光市 
ふじみ野市 富士見市 三芳町など
【神奈川県】
川崎市:多摩区麻生区高津区など

東京多摩地区(三多摩:北多摩・西多摩・南多摩)中心に地域に根差したサービス
―インテリア(内装)リフォーム:壁紙クロス張替え・床張替え・原状回復等―
を提供しております。